スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第5話 合い言葉は「ボイン!ボインボイン!」

メルマガを今回は載せます。

興味のある方は、登録お願いします。

http://www.mag2.com/m/0001160672.html



=================

第5話 合い言葉は「ボイン!ボインボイン!」
=================


まずお詫びと訂正があります。

今まで、昔の東京の山の手地域で話されていた方言を日本語として表現してきましたが、
正確な表現ではありませんでした。私の配慮が足りませんでした。ご指摘を頂いたので、今後は共通語と改めます。
貴重なコメントありがとうございました。

今後もみなさまのコメントをどんどんお待ちしております。




今回のタイトルは「ボイン!ボインボイン!」です。




そうです。今回のキーワードはボイン!





ボインを征する者は、英語発音を征する。

なんだか夏を前に大学受験を前にする予備校生徒に
檄を飛ばす先生の決まり文句の様ですが、

しかしそれに負けず劣らず、母音は英語発音で重要です。

この先ずっとあなたの英語学習で絶大な威力を発揮する
魔法のルールを教えます。

これさえあれば、基本的な英単語は読めます。

読めない単語は例外として覚えれば
大分楽になります。

では早速紹介します。




今日のポイントは、

「母音が一個で、short sound,
 母音が二個で、long sound」
です。




フォニックスなどの英語発音でも
この事は教えていないはずです。

何がすごいのかは実際に
使ってみなければ当然分りませんが、

でも本当にすごいです。

ただ、これを覚える事で暗記の負担が驚く程
軽減されるはずです。

でもその前に前回までの
復習をします。




前回のメルマガでは、

「アメリカ英語の母音は13個ある。」

そして、

「英語には短母音と長母音がある」

しかも

「その違いは母音の数と、前後の子音」

で短くなったり長くなる。

1. アメリカ英語の母音は13個
2. 母音には短母音と長母音がある
3. それを決めるルールは
    a. 母音の数
    b. 前後の子音

でした。

そして、今回は3のルールを公開でしたね。

そのルールが

「母音が一個で、short sound,
 母音が二個で、long sound」

です。




短母音(short vowels)と
長母音(long vowels)が
ある。

ある専門書では

short vowel をlax vowelと
long vowelを tense vowelと

呼ぶ事もありますが、

short/longでいきます。

5つの母音にはshort とlong vowelが
ある。

単語の中に、

母音が一個なら短母音になり、

母音が二個なら長母音になる。

これが、ルールの解説です。


日本語あらため、共通語とは異なり、

1つの母音に2つの音が存在するのです。

それが、短母音と長母音です。

もしくは、音と名前がアルファベットにはあるのです。

アルファベットのa, e, i, o, uの
各1つづつにshortとlongがある。

これで、2x5=10

あと、3つ説明すれば
13個の母音が分りますね。

残りの3つにも覚えるルールがあるので
やはり安心して下さい。

これで、少しは覚える苦労が
軽減されましたよね。

まだ?

確かにそうですね。

そんなあなたの不安を解消するために
もう少し解説します。

short sound がアルファベットの音で
long sound がアルファベットの名前

になります。

アルファベットのABCの歌に出てくるのが
文字の名前です。

それが、long soundです。

誰もがすでに知っているやつです。

だから、

アメリカ英語の発音上達で
あなたがやるべき最初の事は

short soundをしっかり覚える事。

まずは、そこからです。

今日は、これで終わりにしたいと思います。

次回は、今回のポイントだった

「母音が一個で、short sound,
 母音が二個で、long sound」

のルールを使って、

何が短母音なのか、
何が長母音なのかを

もっと具体的に説明したいと思います。

それが、日本人特有の英語発音の問題を
解説する下準備が完成します。



何か悩みがあれば、今のうちにコメントを下さいね。
必ず誠意をもってお答えします。

すでにコメントを頂き始めました。

ただ、コメントの数が増えて来たので、
直ぐにお返し出来ない事があります。

ただ、必ずお答え致しますので、
ぜひ今のうちにお送りください。

いまならまだ余裕があります。

hide169@gmail.comまで!


今回はここまで。


編集後記



発音ルール習得:
隠された秘密とその絶大な効果

の無料レポートを書いています。

発音学習とは、音を覚えるだけだと思っていませんか。
じつは、それだけではないのです。



最近、ケフィアで作る豆乳のヨーグルトにハマっています。
植物性なので、軽い口当たりのヨーグルトになります。


今回も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
瀧澤英臣
スポンサーサイト

テーマ : 英語学習の手段・方法 - ジャンル : 学問・文化・芸術

<< 第6話 “発音練習はピアノか野球の様に”(その1) | ホーム | 第4話 “英語の母音は伸び縮み?” >>


コメント

タイトル通りに10分間で何をすればいいかを書かれた方がよろしいのではないでしょうか。

読者層がTESOLに大変興味がある方に絞られているなら、話は別ですが。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


-

管理人の承認後に表示されます


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。