スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2話 キーワードは「自信」

今回は、
第1話のメールの復習や要点、

さらに

「あの部分のあの単語が分らなかった、
 だからもっと説明して」

などの質問に答えたり、

発音以外に
私があなたに是非知って欲しい
情報を載せていきたいです。

これはあなたへの

「プレゼント」
です。

なので、ぜひあなたの英語学習に
活かして下さい。

前回のメールでは、
英語発音でのポイントは

「ネイティブを目指さない」でしたね。

第2話はもう少し
国際語としての英語に付いてお話します。

私達が目指す英語とは

国際語としての英語
English as an International Language
(EIL)=イーアイエル

でした。

初回から、
最終回で話す様な内容を
話してしまいました。

いまでもちょっと出し惜しみしても
よかったかなって、

ちょっと貧乏風に吹かれてます(笑)

だって、

推理小説を読み始めたら、

最初のページで友人から
「こいつが犯人だよ」などと
言われてしまった感覚でしょうか。

でも、安心して下さい。

犯人が分かっていても
あなたに何の不都合もありませんので(笑)

私はもうドキドキですが。

話に戻って、

ネイティブを目指さずに

国際語としての英語
(EIL=イーアイエル)
を目指す事の意味やその利点。

一番の理由は

「自信」です。

自信を持って英語を話せるように
なります。

それは、

「英語は皆のもの」
「ネイティブだけの物じゃない」
その精神が根底にあるからです。

それが、EIL(イーアイエル)!
国際語としての英語です。

また、
最終回で話す内容に
なってしまいました。

「パトラッシュ、ぼくはもう疲れたよ。」

それくらい大切な内容です。

だから皆さんは

しっかり覚えて下さい。

これで、

私は、もう貧乏まっしぐらです。

これから英語を話す時、

あなたは「自信」をもって
話せる様になります。

それが国際語としての英語。

では、

前回のタイトルでもあった、

「私達はネイティブを目指さない」

あなたはこの言葉から
どんな印象を持ちましたか。

言葉から受けるイメージは
ひとそれぞれです。

なので、

誤解をうんでいるのではないかと
実はちょっと心配です。

心配なら、書かなければ良いと
聞こえてきそうなのですが、

書いた理由は簡単です。

あなたにも英語を話せるように
なって欲しいからあえて書きました。

「ネイティブを目指さない」

を聞いて

あなたが、

「本当にそうなら、
私にも英語が話せる様になるかも」

そう思ってくれたなら、
私の真意が伝わっています。

「あなたは自信を持って英語を話せるようになる」

この事実を受け入れてほしかった、
だから書いたのです。

もしも私の本意が伝わってないなら
是非コメントを送って下さい。

そしてその誤解を解かせて下さい。

そんなあなたの為だけに
メルマガを書きます。

約束します。

覚えておいて下さい。

話に戻って、
少し具体的に話します。

国際語としての英語(EIL)は、

第二言語としての英語
English as a Second Language (ESL=イーエスエル)



外国語としての英語
English as a Foreign Language (EFL=イーエフエル)

として捉えるのはやめて、

世界中の人が互いを理解し合う為の
ツールとしての役割をもっと注目して

その側面の英語を大事にしようとする
考えが中心になっています。

ESLやEFLの視点は、
英語をネイティブの視点から捉えています。

例えば、
アメリカにいる移民で
英語以外に言葉を話している人が
英語を習得している場合、

彼らの英語はESLとなります。
つまり、第二外国語です。
ESLのSは、セカンドのSです。

そしてネイティブからみて
私達のような外国語として
勉強している人たちの英語を、

EFLと読んでいます。
FはForeign (外国の)の意味です。

つまり

私達はネイティブにとって外側の人間なのです。

だから、いつまでたっても
中心にたどり着けない。

つまり、

ネイティブの様にはなれないのです。

いまでは、なる必要はないと思っていますが。

英語を勉強して来て
自信を持てずにいたなら、

それはあなたの責任ではないです。

話せずに苦労してきたのは、

あなたが悪かったのでは
ないのです。

それは、

間違った目標を与えられて

それに向かって、
あなたは進まされていたから。

だから、
安心してくださいね。

私達には
English as an International Language
または、EIL(イーアイエル)
があります。

この考えがあるから
もう安心して英語を学びましょう。

英会話にいくのが
楽しくなるでしょう。

言いたい事はただひとつ。

「あなたは英語を話せるように必ずなる」
これだけを、信じて欲しいのです。

あなたは英語を話せる様になります。

あなたは必ず英語を話せる様になります。

あなたは絶対間違いなく英語を話せる様になります。

だから、
まずは基礎の発音から始めましょう。

しかも分りやすくスッテップごとにして
説明していきます。

途中で分らなければ
メルマガを見直すか

それでも分らなければ
いつでも質問して下さい。

hide169@gmail.com

まで

まだまだ登録者が少ない時が
チャンスです。

なので、
マンツーマンで答えちゃいます。

このメルマガは、
すべてあなたの為に
書いています。

私がマルマガを書く時に
気をつけている事。

その1。

時間が無くて読めなかった読者の為に
要点をまとめて掲載すること。

気をつけている事、その2。

コメントなどで頂いた質問に付いて
答える場所だったり、

私の日本での英語勉強での失敗談や
いままでに購入した英語教材と
その評価やおすすめの教材、

留学の仕方、

リスニング上達の勉強法

私がやった英会話学校選びで失敗しない方法

私が実践した英会話学校を10倍上手に利用する方法

その他英語にまつわる事などにも

この場を借りてお伝えしてゆきたいなと
考えています。

あとは、

前回のメルマガの中から
必ず覚えて欲しい事や
伝えたい情報を繰り返したり、

あなたが行動出来る様に、

あなたが英語を話せる様に、

考えています。

なので、

言葉を変えると、

100倍とは言いませんか

控えめに、

10倍はこのメルマガを楽しむ為の
情報満載の付録が付いていると
考えてもらえばと思います。

週間○ャンプさんの
袋とじ的な感覚で
肩の力を抜いて

鼻歌混じりで読んで欲しいと思います。

破らずに中を見るのは
ダメですよ(笑)

個人的には、

袋とじの誘惑に負けて、

立ち読みじゃ我慢出来ずに
何度も買っていたのですが…

最後に、

英語を自分の才能にして下さい。

英語で自分のブランドを高めて下さい。

その初めの一歩を私と、

このメルマガから始めましょう。

あとは、行動だけです。

英語があなたの一部になる決断を、

今日して下さい。

今して下さい。

それでは、
今回の私からの
「プレゼント」は
これでおしまい。

次回から、

本格的に

日本人の苦手なアメリカ英語発音を
見ていきましょう。

人生で二回目のメルマガでした。
T-hide
スポンサーサイト

テーマ : 英語学習の手段・方法 - ジャンル : 学問・文化・芸術

<< 第3話 “5で13をするから”がダメな理由。 | ホーム | 第1話 私達はネイティブを目指さない! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。