スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1話 私達はネイティブを目指さない!

英語を勉強するうえで、
必ずぶち当たる問題の一つが

発音です。

日本人の多くが発音を気にして

それが原因で、

英語をあきらめてしまった人もいるはずです。

いつまでたっても発音がうまくならない。

海外旅行にいったときにバカにされた
経験がある。

根本的に、何を信じて発音の勉強していいのか
分らない。

さらには、日本人は絶対に英語を
綺麗に発音出来ない。

こんな思いの人さえいるかもしれません。

また、

英会話に高い授業料を払ったのに、
発音がよくならなかった。

もしくは、

ネイティブの先生に習ったのに、
発音が上手くならない。

あとは、

自分で勉強しようと思って、
参考書を探してみたけど、
いいのがない。

もしくは、良い参考書などが
分らない。

こんな悩みを持っている人も
多いはずです。

事実、私から見ると

初心者に親切な英語発音の
参考書はなかなかないのが
現状の様です。

そこで、このブログでは
そんな問題に悩む日本人英語学習者の為に

発音上達の方法を公開します。


想像してください。

英語を自分のものにしている未来を。

その明るい未来を手に入れる為に、
私はあなたにとっておきの情報を
提供します。

ただ、こんな心配を持っている人もいるのでは
ないでしょうか。

そんな心配とは、

「私にはネイティブの発音を習得する自信がない」
とか、

「英会話に通ったけれど、発音は全く上達しなかった。」

などです。

これは、多くの日本人が
おもっている悩みのはずです。

私も以前までは、そんな一人でした。

そんな心配をお持ちの方に
とっておきの秘訣をひとつ
今日、紹介しようとおもいます。

このブログを通じて、この悩みも必ず
解消してみせる自信があります。

なので、

出し惜しみせずに、

そのひとつ目の秘訣をいまここで公開します。

心の準備はいいでしょうか。

深呼吸をして、静かなところで聞いて下さい。
なぜなら、絶対に皆さんは驚くからです。

最初は、驚きのあまり信じられないかもしれません。(笑)

「こいつ、なにを言ってんの?」

と思う事でしょう。

でも、私には自信がある。

あなたに、自信をもって英語を話す
喜びを味わって欲しい。

だから、この秘訣を公開します。

それは、

「ネイティブを目指さない!」

です。

「ネイティブを目指さない!」

そうです。

これが最高の秘訣です。

「ネイティブを目指さない」

信じられますか?

「ネイティブを目指さない」事が、
相手に伝わる英語を話す近道なのです。

私は決して皆さんを混乱させて
喜んでいるのではありません

なぜなら、これが現在の英語教育において
次第に支持されて来ている教育方法だからです。

アメリカの大学院で英語教授法(MA-TESOL)の
修士号を取得した、英語教育のプロが言うのですから

間違いはありません。

これが事実なのです。

では、なぜそんな大事な情報が

みなさんの元へ届かないのか。

それについては、別の機会に
触れたいと思います。

簡単にふれると、

その1つの理由が

その方が彼らには都合がいいからなのです。

彼らとは?

察しのいい人はもう分ってしまったかも
しれませんが、詳しくは別の回のブログで。

長くなって来たので、

みなさんの時間を大切にするために、
簡単にこのブログの内容を
説明したいと思います。

アメリカ英語の発音にはルールがあります。

それのルールさえ覚えてしまえば、
あなたの英語は格段に上達します。

それを、紹介します。

なので、皆さんは、

アメリカ英語の発音ルールを習得出来ます。

これは、大学入試にも当然使える技術です。

実際に本屋さんで試してみましたが、
当然ですがばっちり使えました。

さらに、

なぜ日本人はアメリカ英語の発音を
習得するのに苦労するのかも説明します。


こんな事、普通はただでは教えてません。

疑うのでしたら、調べてみて下さい。

アマゾンやGoogleで検索してみるといいでしょう。

なかなか検索に引っかかりません。

あっても意外に高い授業料だったりで、

貧乏な私には手がでないものでした。

もし間違っていたら

教えて下さいね。

それを皆さんに教えたいと思います、

わたしの謝罪も含めて。

さて、日本人の英語の発音で苦労するポイント。

それには、いくつかの解決ポイントがあるので
それも分りやすく紹介します。

この2点をおさえてしまえば、
あとは練習するのみ。

だいたい毎日10分程度の練習で、
あなたの英語は格段に上達するのです。

ポイントをしっかりと理解した上で
練習をするのですから、上達は驚く程に
なるものうなずけるのではないでしょうか。

子音や母音に分けて、
ポイントにしぼって説明します。

では、おさらいしましょう。

このブログを読むと何が得られるか。

アメリカ英語の発音のルールが
簡単に学べます。

本当です。

でも、まだ半信半疑な部分がありませんか。

それは,私とあなたの間にまだ
信頼が出来上がってないからです。

なので、まずは数回このブログを読んでみて
ください。

そして判断して下さい。

もしくは、あなたの英語の悩みを送って下さい。

私が解決してみせます。

このアドレスに送って下さいね。
hide169@gmail.com

私がここまで自信がある理由。

その理由は、

アメリカネヴァダ州の小学校で
アメリカ人の子ども達に教えた私が
皆さんに教えるからです。

なので、信頼して下さい。

では次に、ほかのブログと何が違うのか。

私は、みなさんに行動してもらえる様に、
アイディアを盛り込んであります。

結果のでるブログなのです。

想像してください。

英語のある将来を!

英語がある事で、あなたの人生はどれ程
変わるか!

英語で何がしたいですか?

外資系の会社で働くのも良いでしょう

長期休暇でハワイにいって
ビーチで女の子に英語で話しかけるのも
いいですよね

あとはTOEICなどの資格を取ったり

留学も良いですよね。

留学は人生が変わります。

英語は新たな人生への夢の扉。

どこでもドアです。

ドラえもんがいなくても

どこでもドアが手に入るのです。

その第一歩が発音です。

実はあともう一つだけ
皆さんにお話した事があるのです。

これで、今回のブログを終わりにしたいと

思います。

それは、私達はどんな英語発音を目指すかです。

発音というと、日本人には一番のコンプレックス
でした。

私もその一人でした。

「もし私の英語が伝わらなかったら?」

「もし笑われたらどうしよう?」

そんな心配を持っていました。

そんな悩みをお持ちの方に、
最高の秘訣を公開しました。

覚えていますか?

「私達は、ネイティブを目指さない。」

ネイティブを目指さない発音練習が
上達の秘訣なのです。

これについても、別のブログでしっかりと
答えて行きたいとおもいますが、

ただ、鋭い読者の方ならこんな疑問を
お持ちになっていることでしょう。

「ネイティブを目指さないなら、何を目指すのか?」

その答えが、

「国際語としての英語」
English as an International Language(EIL)


です。

ある研究者達は、

共通語としての英語 (English as Lingua Franca)として、
区別していますが、このブログでは同じ考えとして
扱う事にします。

この事についても、別のブログで詳しく説明します。

最後にもう一度おさらいです。

このブログでは、

1. 日本人特有の英語での発音問題を理解し、
  それを解決します。

2.アメリカ英語の発音のルールを学べます。


以上の2点です。

随分長くなりましたが、
ここまで読んでいただいて

次回は、まずテーマ1の日本人特有の問題を
学んでいきましょう。

最後まで読んで頂いて、
本当にありがとうございました。

人生最初のブログでした。

率直な感想を聞かせて下さいね。

一生懸命に返信します。

読者が少ない時がチャンスですよw

読者が増えれば、

あなたの名前を覚えるチャンス

が減ってしまう。

せっかく始めから読んで下さってるなら

そんなあなたの為に

ブログを書きたいのです。

だからコメント下さいね。
hide169@gmail.com
スポンサーサイト

テーマ : 英語・英会話学習 - ジャンル : 学校・教育

<< 第2話 キーワードは「自信」 | ホーム |


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。